一項 基本定義



 体位、シーンカットCG数などのカウント項目はすべてレッグウェアを着けたキャラクターと最後までHした(射精した)状態の時にカウントされる。

 フェラや手コキ・パイズリなどの特殊プレイはレッグウェアに射精された場合に限りカウントとする。

 下腹部以下の部位を用いて射精されたらすべてカウント。

 射精回数のカウントではない。射精を含んだシーンCGの数をカウントする。

 これらカウント対象にならない、レッグウェアを含んだイベントCGがあるキャラクターに関しては、原則的にイメージだけを掲載する。

 ノーマル・アナルセックスの区別をつけない。(

 また、中出しの場合は射精した差分描写が存在しないものがあるが、外出し描写が無く、かつテキストで中出し描写がある場合はカウント対象となる。
 ただし、乱交などの体位の場合、挿入しているヒロインがレッグウェアをつけておらず、かつ同情景の中にいるレッグウェアをつけたヒロインに射精された描写が外出しでも行われていない場合は、ノーカウントとする。

 ふたなりキャラクターに関してはレッグウェアを着けている場合は射精した時点で当該する体位、または特殊プレイにカウントする。
 その際、からみとなる対象(別のヒロイン)がレッグウェアを着けていなくても、射精した段階でカウント対象とする。

 本編中にレッグウェアを着けたキャラの立ち絵のみしか存在しない作品は、シーンCG数としてカウントしない。
 また、レッグウェアを着けたキャラクターCGがパッケージ、マニュアル、販促物、サンプルのみにあった場合もカウントされない。

 公式サイトのキャラクター項目に存在しない、本編中に名前や顔が無い、モブ的あるいはおまけ的なキャラに関しては、喩えHシーンがあったとしてもカウントを省く場合がある。
 そういったキャラクターが複数出てきた場合、一項目に重複させて記述する。
 また、デフォルメされたキャラのCGは原則的にカウントしない。






二項 レッグウェアについて



 レッグウェアとしてカウントするものは[パンスト・タイツ・ストッキング・ガーターストッキング・ニーソックス(厳密にはオーバーニーソックス)]等の、足先から腰回り、および膝上までを覆うものをカウント対象とする。

 以上の条件により、膝下靴下およびスパッツやアンクルレスのタイツなどはすべてカウント対象外とする。

 ガーター部が見えなく、かつ他のCGから当該CGとのレッグウェアに同一性が見られないストッキングらしきものは、ストッキング特有の透過性が表現されていなければすべてニーソ扱いとしてカウント。

 本来ガーターがあるはず(他の同一人物のCGによってそれが証明されている場合)なのに、構図的にガーター部が見えないものについては、ストッキング扱いとしてカウント。[ガーターの有無]は[無]となる。

 全身タイツはカウントするが、全身スーツあるいはそれに類するもの(戦隊モノのようなアレ)はカウントしない。






三項 体位について



 体位を表す表現はどれも長いため、当該シーンから想起される漢字一文字で表す。

 体位なのに[複数人数でのプレイ]を記述しているのは、、3Pで如何なる体位なのかという表現が現行のフォーマットでは表記出来ないためである。
また、特殊かつフェティッシュなプレイとも言えないため、[特殊プレイ]ではなく[体位]の欄に記述する。

 一つのカットに中に差分として体位と特殊プレイがある場合(例えば正常があって足コキがあるなど)、これは個別にカウントする。

 体位の説明があっても、カットそのものがその情景を描き出していない場合(例えば後背位と書かれていてもカメラ視点が変則過ぎて別の体位に見える場合)などは当該する体位の記述に変更する事がある。この場合は[補足事項]に但し書きを行う。

 一項に従い、精液が付着しているだけのシーンはカウントされない。射精して付着される必要がある。


 ※ 体位は厳密に区分していません(細かくわけると記述が煩雑になるため)。あくまで目安と捉えてください。






四項 その他


 同一ヒロインの容姿変化に対し、別枠を授けてカウントすることはない。(情景によって髪型や容姿が変わるモノも含めると基準が曖昧になるため)。
年齢の差によるモノや分身したりするのもこれに同じく。

 ただし、一人のヒロインが公式設定上別のキャラクターとして位置づけられ分化したという状況ならば、これはカウント対象とする(例 「ワンダリング・リペア!」「お姉ちゃんの3乗」など)。






別項 課題と問題点



 困ったことに、Hシーンやヒロインの外見描写において、テキストとイラストにおける齟齬などがしばし散見されます。

 例えば


 ・ イラスト的にはどう見てもニーソなのにテキストではストッキングとなっていたり

 ・ 透過度的にタイツなのにパンストと記述されていたり

 ・ ライターがパンストとストッキングを混同していたり

 ・ 手コキと書いてあるのにイラストでは素股になっていたり

 ・ どのような体位の元に行われているHなのか皆目理解に苦しむ構図だったり

 ・パンストだったシーンが次の瞬間ニーソックスに変わっていたり

 ・同じキャラのレッグウェアなのにシーン切り替えすると色が変わったり


 といった、個人の見識の高低ではどうにもならない問題が残されており、これがコンテンツの厳密性を完璧に出来ない要因として取り残されています。
一応原則としては[イラスト≧テキスト>主体的判断]としていますが、例えば上記に挙げたように「素股なのに手コキになっている」みたいな内容に関しては、例外的に主体的判断を優先してプレイスタイルを記述させてもらい、その旨を備考に記す様にしております。

 予めご了承ください。






戻る