ここのページでは表の子細を説明します。

下の表を見ながら1を御覧になってください。




データリスト早見表

※この蘭には、本来レッグウェアタイプが記述されます。


備考欄
キャラクターネーム
向坂 環(To Heart2 XRATED)
如月 美冬(タユタマ -kiss on my deity-)
シャルロット=ヘイゼルリンク(プリンセスラバー!)
カラータイプ
ホワイト(ニーソックス)
ブラック(タイツ・パンスト)
ホワイト(ストッキング)
体位欄
-
-
-
-
-
-
-
シーンカットCG数
1
1
-
-
-
1
2
-
-
-
1
1
1
1
-
ガーターベルトの有無(ストッキングのみ)
-
-
-
-
-
-
-
-
-
-
-
穴空けプレイの有無(タイツ・パンストのみ)
-
-
-
-
-
-
-
-
-
-
-
-
-
直履きプレイCG数(タイツ・パンストのみ)
-
-
-
-
-
-
-
-
-
-
-
-
-
-
-
特殊プレイ欄
-
-

各キャラ補足情報

※この早見表では簡易説明となります。
このキャラクターの場合「正面から向き合っているH」および「騎乗位でのH」が一つずつある事を表す。
「立ちH」が一つあり、こちらは穴空きは無し。「騎乗位」が二つあり、こちらは二つとも穴空き有り。
更に特殊プレイとして「足コキ」が一つある。
「座位」「正面からのH」「後背位」「側位あるいは交差位」が一つずつあり、全てガーターベルト部分が描写されている。



キャラクタービジュアル





1.表の見方について


 レッグウェアタイプ/ニーソックス・タイツあるいはパンスト・ストッキングの何れを着けているかを示す。

 キャラクター/登場するヒロインの名前。

 カラータイプ/レッグウェアの色について。

 体位欄/Hシーンにおけるフィニッシュ時の体位を示す。3にて子細。

 シーンカットCG数/フィニッシュ時におけるCG枚数を示す。原則的に差分は含まない。

 ガーターベルトの有無/ストッキングキャラクターのみに見られる項目。2にて子細。

 穴空きプレイの有無/パンストキャラクターのみに見られる項目。2にて子細。

 直履きのCG数/パンストキャラクターのみに見られる項目。2にて子細。

 特殊プレイ欄/足コキや素股といった特殊なプレイ。4にて子細。

 各キャラ補足情報/シーンについて特記すべき事柄や注意点を記述。

 備考欄/何かしらの補足情報。要パッチや特典情報など。

 キャラクタービジュアル/当該キャラクターのサンプルCG(無い作品もあり)。






2.パンストの[穴空けの有無]/ストッキングの[ガーターの有無]について



 パンストの[穴空けの有無]について

 Hシーンの際に、パンストを破いてプレイするか、ずらしてプレイするかについて表記。

 穴を空ける場合は[有]、ずらす場合は[無]、両方ある場合は[両]と記述する。


 ストッキングの[ガーターの有無]

 Hシーンにおいて、ストッキングにガーターベルト、及びサスペンダーが表示されていた場合についての表記。

 一部でもそれらのパーツが見えていれば[有]と表記。無ければ、もしくは見えない場合は[無]、両方ある場合は[両]と記述する。


 直履きカウント


 Hシーンが直履きプレイで行われている場合は、当該体位や特殊プレイの種類を記述しその回数をカウントする。

 ただし、カウントには以下の条件がある。

 ・シーンカット数と同じく、射精を含む場面がカウント対象となる。

 ・最初は下着を着けていても、射精時に下着が見えなくなっていれば直履きカウントがされる。

 以上の条件を満たしたとき、直履き扱いとしてカウントされる。
 また、レオタードやバニースーツのような服装によるプレイは、下着着用前提と見なしてカウント対象外にする。

 構図的に絶対下着が見えない場合は、下着を着けている前提をもとにカウントは行わない。






3.[体位]における記号の定義




主に正面で向かい合ってのHシーン全般。正常位の略では無く、正面からのHシーン全般の略。



主に後ろからのHシーン。立ちバックなどもこれに入る。



主人公が上半身を起こしヒロインが下半身にのる状態でのH。



主人公が上半身を起こさずヒロインが下半身に乗る状態でのH。



立った状態でのHシーン。だが、後ろからのものは[後]に分類される。



ヒロインが側面となったHシーン。側位や交差位等。

他のヒロインと同一のシーンに登場している場合、いわゆる多人数プレイやハーレムといったものはこれに該当する。
ただし、一項に則し直接射精されるシーンが無ければこれはカウント対象外となる。
また、喩え他のヒロインがレッグウェアを突けていない場合でも[乱]と表記される。
また、乱交描写でありながら特殊プレイの[手]や[口]が含まれている場合は、すべて[乱]に併呑、統一する。
そういったシーンの場合は、補足として状況を記載する。

輪姦モノ。原則として [女一人対男多数]のプレイだと捉えればよい。なお、状況が輪姦でも、カットそのものに男女一対の情景しか出ていない場合、[輪]として扱わない。
挿入の無い集団ぶっかけも[輪]に該当。
明らかに[輪]の状況だと思われても、CGに一人しか男がいない、或いは一人も男がいない場合は個別の体位を表記する。
プレイの[手]や[口]が含まれている場合でも、この場合はすべて[輪]に併呑、統一する。




その他の体位のもの。駅弁スタイルや人形サイズでの全身愛撫やアクロバティックなH、形容が難しく上記の表現に当てはまりにくいもの全般を指す。



ふたなりキャラ・女装キャラ(ただし、男の娘あるいはショタキャラ限定)、あるいはヒロインから主人公サイドが攻められ射精した場合のみに見られる記述。
青字は受け、赤字は攻め、は受けと攻めが同時にされている状態(ふたなりキャラ同士の乱交状態などのケース)を表す。
補足事項にのみ子細を記述する場合もあるので、そちらも要確認。
また、受け攻めは心理的描写の意味合いではなく、物理的な意味合いを示す。
例えば、ふたなりキャラが足コキをされて射精した場合は、それが命令してやらせようが強制的にやられようが、必ず[]として表現される。





4.[特殊プレイ]における記号の定義




いわゆる足コキ。ふたなり・女装キャラがされた場合は射精した段階でカウント。



素股によるプレイ。ふたなり・女装キャラがされた場合は射精した段階でカウント。



片足による腿で挟んで行うプレイ。ふたなり・女装キャラがされた場合は射精した段階でカウント。



臀部版素股。ふたなり・女装キャラがされた場合は射精した段階でカウント。



モノにレッグウェアを被せて手淫。ふたなり・女装キャラがされた場合は射精した段階でカウント。



フェラによる射精が行われ、かつ精液がレッグウェアにかかる。ただし、ふたなり・女装キャラがされた場合は射精した段階でカウント。



手淫による射精が行われ、かつ精液がレッグウェアにかかる。ただし、ふたなり・女装キャラがされた場合は射精した段階でカウント。



パイズリによる射精が行われ、かつ精液がレッグウェアにかかる。ただし、ふたなり・女装キャラがされた場合は射精した段階でカウント。



自慰による射精が行われ、かつ精液がレッグウェアにかかる。ただし、ふたなり・女装キャラがされた場合は射精した段階でカウント。



ニーソックやストッキングの中に入れるプレイ。



触手プレイ。ただし、人間、あるいはそれに類する存在は性行為を行わず、触手そのものが射精を行うタイプの触手に限定される。



獣姦プレイ。ただし、獣人などの擬人化されたものは除く。



物を使ったプレイ(バイブなど)で射精される。ふたなり・女装キャラのみに使用される記述。



すりつけプレイで射精される。ただし、ふたなり・女装キャラがされた場合は射精した段階でカウント。



上記のどれにも属さないプレイ。





戻る